今すぐ1,2,3万円借りたい!!即日最短でお金を借りる方法

急にお金が入り用になることありますよね。
貯金があればいいのですが、家のローンや奨学金、低収入…毎月の生活をしのぐことで精一杯。そんな時に、結婚式や入院、断れない飲み会などイレギュラーなことで費用が足りないなんてことも。

そんな時は、カードローンという方法がありますよ!

「でもカードローンってすごく怪しい…」そうネガティブに思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、決して怪しいものではありません。
この記事では、カードローンの仕組みや借り方、その他の借り入れ方法についても詳しくご説明しているので、安心してお金を借りることができます。

今回は、今すぐ1、2、3万円借りるための方法をご紹介します。

今すぐ1万円2万円3万円が必要な理由

「1万円、2万円、3万円」この数万円が急に必要になる理由はなんでしょうか?
今まさに必要になっている方や、貯金が少なくこれから必要になるかもしれないという方もぜひご覧ください。

理由としては

・冠婚葬祭(特に結婚式)
・ローンの返済
・生活費の支払い
・飲み会
・減給

一時的なものであれば、質屋やカードローンで対応が可能です。しかし、今後も続いていくのであれば、転職や副業、節約など根本的なところを変えていく必要がありますね。

1万・2万・3万円必要な事情がある時の対処法は2択

とはいえ、根本的な改善をするとしても今はお金がありません。
ではどのような対処をすれば良いのでしょうか?

自分で何とかする

まずは借り入れをせず、本当に自分でできることがないか、考えてみましょう。

不用品を売る

身の回りに不要なものはありませんか?
今はフリマアプリを使用して気軽に売ることができ、使用済みの化粧品でさえも売ることができるぐらい売買範囲は広いです。しかし、許認可のない手作りコスメや自分で輸入したものなど、化粧品に関わらず出品禁止商品の規約もあるので確認してくださいね。

現金が即日に欲しい場合や発送手続きに高いコストがかかってしまう場合は、リサイクルショップを利用しましょう。即日にお金を得ることが可能です。
しかし、買取方法に注意が必要です。例えば、服ならば高級ブランドでない限り、重さや枚数のみの査定になってしまい非常に安くなることもあります。

売るもののニーズにあった媒体を活用して、できるだけ高額を手に入れましょう。

副業をする

日数に少しでも余裕があるならば、日払いバイトを利用してみましょう。この場合、給料をもらえるのは当日なのか、週末に振込されるのか、入手方法も注意してくださいね。
「1日も待てない」「本当に今すぐ欲しい」という場合はおすすめしません。

クラウドソージングなどネットを介しての副業もおすすめですが、大抵の場合支払い日程が決まっているので始める前に注意してみましょう。
手軽に副業ができるので、借り入れた金額をこの副業収入で返済するなど、今後のためにも活用し始めてみるのもいいかもしれませんね。

誰かに頼る

売るものもないし時間もない!そんな時は家族や友人、質屋やカードローンなど自分以外に頼るしかありません。
次の章で、メリットやデメリットを踏まえてご説明します。

1万・2万・3万円を今すぐ借りるなら・・

今すぐ借りるとなると、勇気も入りますし返済も不安になるのも当然です。しかし、安心して借りられる方法はたくさんあるのでご心配なく。では早速みていきましょう。

身内や友人に頼み込む

まず借り入れを考えたときに、一番最初に頼るところは身内や友人。後からご紹介する方法よりもリスクが一番小さいことが最大のメリットです。しかし親しい間柄でもデメリットはありますよ。

身内や友人から1万・2万・3万円借りるメリット

・即日可能
特に手続きはなく、即日借りることが可能。時間も手間もかからないのですぐに現金を手にすることが可能です。

・利子がない
双方、取り決めがなければ基本的に利子はつきません。ただし滞納してしまうと、関係性にヒビが入ってしまいます。すぐに返済するよう心がけ、またお礼も添えてあげるとベスト。

・ブラックリストに乗らない
個人間の貸借なので、返済が滞っていてもブラックリストに載ることはありません。たとえ返済を滞っていたとしても家のローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが可能です。

身内や友人から1万・2万・3万円借りるデメリット

・信頼関係にヒビが入る場合も
いくら親しい間柄とはいえ、甘えてばかりでは関係にヒビが入ってしまうかもしれません。なるべく早い返済をし誠実な態度をとるよう心がけましょう。

・訴えられることがある
書面での契約がなくとも、返済期間に決まりがなくとも訴えられてしまう可能性があります。利子は双方の合意のもとでつけるので、こちらが拒否をし続ける限りつくことはありません。

しかし相手は「延滞損害金」として、法律の範囲内の損害金を請求することは可能なのです。もちろん、法律の範囲を超えて請求してくるようならば恐喝にあたるので、その場合はこちらも訴えることが可能です。

このようなトラブルを発生させないためにも、あらかじめ返済期間を設定しておくと良いでしょう。

質屋に行く

身内や友人にも借りることができなかった場合、次の手は質屋を利用してみましょう。物を失う場合もありますがローンよりはリスクを抑えることができます。

まず、質屋についてご説明しておくと…
質屋に品物を預けると代わりにお金を融資してくれるしくみです。その品物に見合う額が融資されるので、高額の融資を受けたい方はそれなりの品物を預ける必要があります。
預けた品は、元金と利子を渡せば返却されますが、期間内に返済ができなかった場合は「質流れ」が行われ、市場に流れます。

この流れを踏まえた上で質屋のメリット・デメリットをご紹介します。

質屋で自分の物を売るメリット

・返済ができなくても失うものは物だけ
質屋ならではのメリットですね。返済ができなければ、物が失われるだけで利息の増加やブラックリストに載ることもありません。
もちろん、返済期間が過ぎてしまったら支払い義務も消滅するので、返済する必要はありません。

・丁寧な査定で買取も可能
質屋の鑑定士は、目利きのプロです。たくさんの高級品を査定してきているので、質屋にも出せる品物ならば、リサイクルショップよりも質屋の方が高価買取をしてくれる可能性があります。不用品ならば、預け入れず売ってしまいましょう。

・査定は無料のところがほとんど。時間もかからない
無料で査定をしてくれるところがほとんどなので、金額に納得がいかなかった場合はキャンセルも可能です。
査定時間も数十分と短いため、すぐに現金を得ることができます。

・審査や督促がない
カードローンならば、審査があり通らなかった場合は借り入れることができません。また、借り入れたとしても返済ができなければ督促がきてしまいます。
この点、質屋は審査や督促がないので、基本的に20歳以上ならば利用可能。たとえブラックリストに載っていても関係ありません。

・期限の延長が可能
基本的に返済期間は3ヶ月の猶予があります。しかし自分の大切な品、失いたくないですよね。その場合は、利息分だけ支払うことで延長できることもあります。

質屋で自分の物を売るデメリット

・物を失う
やむを得ず、大切なものを出さなければならない場合もあるかと思います。返済期間に間に合えばいいのですが、間に合わない場合は質流れになり、市場へ出回ります。
また所有権は質屋へ移るため、もうあなたのものではありません。

・査定商品の範囲が狭い
高級ブランドバッグや時計、宝石など、高価な品の査定が主です。基準は店によって違いますが、誰もが知っているようなブランドと考えてみると分かりやすいかもしれません。
質流れになった場合に、質屋は市場に出すことで利益を出しているので安価な商品では利益が出にくいためです。したがって高級品がない場合は質屋の利用は難しいかもしれません。

しかし、最近ではiPhoneやiPadなどの査定を行なっているところも多いので、利用できる方が増えるかもしれませんね

・利息の付き方は月単位
例えば、10月31日に借り、翌日の11月1日に返済したとします。この場合、1日しか経っていませんが、月を跨いでいるので「2ヶ月分」の利子が発生します。
これは法律「質屋営業法第三十六条」によって定められているので、どこの質屋でも同じです。もし日にちに余裕がないようならば、2ヶ月分の利息をとるか買い取ってもらうかの2択になります。

クレジットカードの「キャッシング」機能

身内や友人にも頼めない、質屋に出せるような高価なものがない…そんな方もまだ諦めないでください。
次に紹介するのはクレジットカードのキャッシングです。クレジットカードを持っていない方やキャッシング機能をつけていない方は、次の章でご紹介する「消費者金融のカードローン」が当てはまりますが、今後のためにもぜひこの章も一読くださいね。

まず、クレジットカードのキャッシングの機能をご説明します。
クレジットカードを作った際に、キャッシング機能をつけていれば誰でもすぐに借りることが可能です。審査はカード作成時に行われているので、キャッシングを利用するときに審査はありません。

カードを作った後にキャッシング機能を付けることは可能ですが、当然ながら審査があるので日数がかかってしまいます。

クレジットカードでキャッシングするメリット

・利便性
提携しているATMですぐに現金を引き出すことが可能です。また、カード1枚で「クレジット」「キャッシング」の両方ができるので、カードの管理もしやすいですね。

・少額に適している
数万円ならば、クレジットカードのキャッシングでも問題はありません。新たにカードローンを申し込む手間が省けます。

・借金をかかえていることが周囲にバレない
個人の信用を担保としているため、担保や保証人がをつけることなく借りることが可能。借金をしていることを周りに気づかれる心配もありません。

・海外でも可能
補足のメリットとしてご紹介しておきます。
海外で数万円足りなくなってしまった場合、このキャッシングが便利。海外でも利用できるものがほとんどなので、キャッシング機能をつけていない方は、お守り代わりとしてつけておくと良いでしょう。

クレジットカードでキャッシングするデメリット

・利子が高い
クレジットカード会社によっては「初回無利息」や「30日間無利息」などお得なキャンペーンもありますが、基本的に利子はつきます。

金利相場はだいたい15%〜18%です。こちらも法律によって上限が決められているので、20%以上の金利を提示している会社は行政処分が下されます。
万が一、20%以上の金利を提示している業者はおそらく闇金です。絶対に手を出さないでくださいね。

・キャッシング機能を後から付ける場合、即日は不可
キャッシング機能を後付けする場合、審査があるので即日お金を引き出すことはできません。最低でも3日はかかることが多いです。

消費者金融のカードローン

ご紹介した3つの借り入れができなかった場合、消費者金融のカードローンを利用しましょう。お金を借りるという点では、キャッシングローンと変わりはありません。しかし、審査は30分〜1時間程度のところが多く、早く入手できることができます。預け入れがない分、口座を作る必要性もなく手続きの時間がとられないためです。

また、もし高額を借りる必要性が出た場合はクレジットカードのキャッシングよりも上限が高いため便利ですよ。

消費者金融のカードローンを利用するメリット

・即日お金を得ることが可能
先述した通り、30分〜1時間の審査で借り入れができるので即日に借り入れることができます(※申込日や時間帯によっては翌日)
審査方法については次の章でご紹介します。

・口座を開設しなくてよい
消費者金融は預金の機能がありません。したがって口座開設時の、煩わしい手続きもなく、審査も早く終わるのです。それに口座が増えると管理が大変ですよね。
貯金ができない人のケースとして「口座が管理できていない」こともあげられています。口座は「給与」「貯金」「生活費」の3つ程度に分けることがベストですよ。

消費者金融のカードローンを利用するデメリット

・利子が高い
こちらもクレジットカードのキャッシング同様、利子が高くつきカードーローンの平均的に15%〜18%です。もちろん、法律で守られているので20%を超えることはりません。
しかし「初回無料」や「180日間無利息」などもあり、クレジットカードのキャッシングよりも比較的お得なサービスを行なっているところが多いです。

・ブラックリスト掲載者は審査に落ちる
いくら短時間の審査とはいえ、返済能力がない方にはお金を貸してくれません。現在ブラックリストに掲載されている方は、他の項目がしっかりとしていても当然ながら借り入れはできません。

【補足】
分かりやすく伝えるために「ブラックリスト」と説明しましたが、正確に言うとブラックリストという一覧表は存在しません。ブラックリストとは世間に知れ渡っている俗語のようなものです。

ローンを組むときやカードを作るときなど、あなたの情報が「信用情報機関」に登録されます。一定期間を超えた滞納や破産などを起こした場合、この信用情報機関に「事故情報」が掲載してしまうのです。この情報がブラックリストと呼ばれます。

しかし、過去に掲載された経歴があっても、一定期間が経っているならば借り入れることは可能です。「現在」載っているかどうかが重要なのです。

消費者金融機関からの借り方

ブラックリストに掲載されている恐れがある方も、一度審査を受けてみても良いかもしれません。というのも、ブラックリストに載っているかどうかを「信用情報機関」に問い合わせ、調べることは可能ですが、手数料や郵送料が発生します。

ただでさえ、今お金を借りたいのに、余分にお金をかけることはしたくありませんよね。また、情報は郵送での取り寄せになるために日数がかかります。

今すぐの場合、審査が通ればいいわけです。審査に落ちたからといって、借り入れることができなくなるだけで、その他ペナルティはありません。
もちろん、ブラックリストに載っていなくても他の審査項目で落とされる場合もありますが、借り方の手順は簡単なので、ぜひ一度審査を受けてみましょう。

申し込みの流れ

4ステップの手順で簡単ですぐにできます。

1:申し込み
  ↓すぐに審査が始まる

2:審査
  ↓30分〜1時間程度

3:審査結果の連絡
  ↓審査が通れば

4:契約

契約が締結されたときにローンカードが発行、またはWEB登録で完結しカード不要でスマホアプリにて利用できるところもありますよ。
即日とはいえ、申し込み日時によっては、翌日以降になる場合もあるので注意が必要です。

審査内容とは?

審査の中にも2つのステップがあります。

①自動審査

まずは申し込み時に記入した項目で自動的に審査が行われます。

【記入するもの】
・年齢
・電話番号
・勤務先(年数)
・業種
・雇用形態
・年収
・居住形態(年数) など

クレジットカードの申し込みやローンを組むときなどにもよく目にする項目ですね。まず、これらの条件が借り入れたい金融機関の合格ラインに入っているか自動的に審査されます。

②担当者による審査

自動審査が通ったあとは、担当者による審査に入ります。この審査では、返済能力があるのか調べる重要なものです。
審査担当は以下のものを確認します。

【必ず調べられるもの】

・信用情報の確認
・総量規制の確認
・在籍確認

ブラックリストに載っていないか「信用情報」を確認します。掲載されていれば、返済能力がないと見なされ審査は終了です。

信用情報を通過したら、次に「総量規制の確認」をします。
消費者金融は、賃金業法により借り入れ者の「年収の1/3以上」を貸すことができません。これは、全消費者金融を合わせての金額です。

例えば、年収が300万円の方が、他の消費者金融で90万円を借りているならば、残り10万円しか借りることができなくなるわけですね。しかし、残り10万円残っているから借りることができるかというと、微妙なところ。消費者金融の裁量に委ねるしかありません。

この限度額もクリアしたならば、今度は本人が本当にその会社で働いているのかを調べるために、勤務先に電話がかかります。電話では、消費者金融の名前を出さずにかけてきてくれるので、職場の人に気づかれる心配はありません。

しかし、電話だと都合が悪い方もいらっしゃるでしょう。その場合は相談をしてみてください。例外的に、社員証や保険証などで確認をしてくれるところもあります。
数万円の場合ならば大丈夫ですが、書類のみでの確認は高額の融資を受けづらくなります。

【その他確認されるもの】

・源泉徴収票や課税証明書の確認
 1社あたりの利用限度額が50万円を超える場合や、複数の消費者金融から借りており合計100万円を超える際に収入を証明するものを確認するように義務づけられています。

数万円の借り入れならば問題はなさそうですが、借りることで100万円を超えるならば証明が必要となります。

即日借入できる消費者金融

今すぐに助けてくれる、即日可能なカードローンをご紹介します。

申し込み方法
プロミス
・自動契約機(9時〜22時)
・WEB(24時間)
※審査は21時まで
※三井住友銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行などほぼ365日24時間対応している銀行が多い
アコム
・自動契約機(8時〜22時)
・WEB(24時間)
※楽天銀行に口座ならば365日ほぼ24時間対応、振込時間1分
アイフル
・自動契約機(8時〜22時)
・WEB(24時間申込、審査は21時まで)
・電話(9時〜21時)
SMBCモビット
・WEB(24時間申込、審査は平日19時まで)
ノーローン
・WEB(24時間申込)
・電話(9:00~21:00)
※毎月第3日曜日は19:00まで

※ノーローンは、手続きの完了が12:30以降(楽天銀行口座は平日17:00以降)の場合は、翌営業日の振込みになるので即日融資の時間が短い。
新生銀行カードローン
レイクALSA
・WEB(24時間申込、審査は21時まで(日曜日は18時))
・自動契約機(初回利用者8時〜22時まで)

※ほぼ365日24時間というのは、年末年始や休日に時間が変動するところもある、メンテナンスで数分間使用ができなくなることがあるため

PC・スマホからいつでもどこでも申し込みが可能

今やPCやスマホから365日24時間対応してくれる便利なカードローンが増えており、非常に便利です。しかし24時間だからといって申し込んだらスグに融資が受けられるわけではありません。

銀行口座が必要な場合(振込融資)は、銀行の営業時間に気をつけましょう。銀行が15時に閉まるのであれば、遅くとも14時までには振込依頼が完了していなければなりません。申し込みの手続きや審査の時間も考慮し、早めの対応を心がけましょう。

プロミスやアイフルは、指定の銀行口座があるのならば24時間対応が可能です。しかし、どちらとも審査は21時まで。それまでに審査を終えていれば、21時以降も融資が可能です。

指定口座もなく時間も過ぎてしまった…そんなときは自動契約機を利用しましょう。
自動契約機にも営業時間がありますが、その場でローンカードを発行でき、提携しているコンビニATMで引き出すことができるので口座はいりません。

こちらも手続きの時間を考慮し、営業終了時間の2時間前までには手続きを始めると良いでしょう。

在籍確認・本人確認書類の提出は必要

在籍確認や確認書類の提出は必須です。なぜなら消費者金融が一番恐れていることは、支払いがなされないことです。そのため、支払能力があるかどうかを確認し、さらに勤務地が存在するかを確認する必要があるのです。

在籍確認の電話は、消費者金融の名を出さず担当者の苗字でかけてきてくれるので、職場の人間や家族に気づかれてしまう心配はありません。

確認書類には、運転免許証やマイナンバーカード、在留カードなど公的な書類を提出します。WEB申し込みなら、スマホで撮影をしアップロードすればOKです。

しかしどうしても電話だと都合が悪い方もいらっしゃるでしょう。
その場合、契約時に相談してみましょう。社員証や源泉徴収票、社会保険証で対応してくれる可能性もあります。

現時点で、電話が絶対ないと言い切れるのは「SMBCモビット」
WEBで完結ができ、在籍確認の電話がないと公表されています。

【WEB完結の条件】
1:三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行 
  上記の口座をいずれか持っている
2:社会保険証または健康組合保険証を持っている

「電話誰から?」「もしかしてカードローン?」などと聞かれてしまう不安があるならば、ぜひ検討してみてください。

1万・2万・3万円をカードローンで借りる場合の金利

金利とは借入金額に対し支払う利息の割合のこと。利息制限法で上限が決まっています。

借入額
上限金利
10万円未満
20%
10万円以上 100万円未満
18%
100万円以上
15%

今回のように数万円の場合は、最高でも20%の金利です。それ以上とるような会社は闇金ですので絶対に借りてはいけません。

この範囲内ならば、消費者金融は自由に設定することが可能。現在のカ平均値としては15%〜18%です。

利息額は「借入残高×借入利率÷365日×ご利用日数」で算出することができます(うるう年の場合は366日)
返済日数が早いほど利息額が小さくなるので、一刻も早く完済できるよう努めましょう。

では、これらを踏まえて「1、2、3万円を借り入れ、30日後に返済する」とした場合、いくらプラスされるのでしょうか?例として、15%と18%の金利で表にしてみました。

【返済30日後の利息】※1円未満切り捨て、借入当日は除く場合

金利15%
金利18%
1万円
123円
147円
2万円
246円
295円
3万円
370円
443円

「それならば15%の金利がいい!」と思うのは当然ですが、金利率は「全体の借入枠」で決まります。「額」ではなく「枠」です。 
例をあげると…

・200万円借入枠をもっている方が1万円借りる(金利15%)
・50万円借入枠をもっている方が1万円借りる(金利20%)

このように違いが生まれます。借入枠が大きいほど金利は安くなります。しかし、初めて利用する方や利用頻度が低い方の借入枠は40万円前後。借り入れる者の素性が分からないため、最初から多額の枠はつけない傾向にあるそうです。
したがって、初めて借りるのであれば金利は最高額と思っていいでしょう。

しかし、できれば利息を抑えたいところですね。金融機関によっては無利息サービスを行なっているところもありますよ。

無利息サービス期間のある金融機関もある!

条件は設けられていますが、数万円の借り入れならば無利息で融資を受けられる可能性が大です。これは嬉しいですね!

条件つきで無利息
プロミス
初回利用日の翌日より30日間
アコム
・アコム初回利用の方
・契約日の翌日より30日間
アイフル
・アイフル初回利用の方
・契約日の翌日より30日間
ノーローン
・何度でも1週間(月1回)
 ※完済した翌月以降も1週間可能
新生銀行カードローン
レイクALSA
・初回契約日の翌日より60日間(WEB限定は全額)
・初回契約日の翌日より180に日間(5万円以下)
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
初回利用日の翌日より30日間

気をつけるべき点は開始日。無利息期間のスタートは「契約日翌日」と「利用日翌日」があります。利用するカードローンの条件をよく理解した上で借り入れましょう。

まとめ 今すぐ1,2、3万円借りたいならカードローンがおすすめ!

今回は「今すぐ 1,2、3万円借りたい」についてご説明しました。

カードーローンは決してネガティブなものではないことがお分りいただけたかと思います。
万が一のときに、とても頼りになる存在ですし、無利息期間に返済ができるのならば手数料もかかりません。身内や友人と関係に傷がつくこともなく、物を失う心配もありません。

カードローンを利用すれば、今すぐ 1,2、3万円借りることができます。
今回ご紹介した消費者金融や、CMなどで耳にする大手ならば安全ですよ。決して闇金からお金を借りないようにしてください。

ぜひ参考にしてみてくださいね。